Ristorante Cavacavallo ◆カバカヴァロ通信◆
神宮前のイタリアンレストラン<カバカヴァロ>より 旬のおススメ料理やワインの情報 シェフのひとりごとなどをお届けします。
プロフィール

カバカヴァロ

Author:カバカヴァロ
東京メトロ「神宮前駅」から徒歩4分
原宿・表参道にも程近いファッションの
街にあるイタリアンレストランです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■9/29からのランチメニュー■
綺麗な秋晴れ。
週末までは楽しめそうですね。


・ズワイガニと冬瓜をフレッシュトマトで和えたグラニャーノ産リングイネ
  優しい味わいの冬瓜とズワイ蟹。
  なんだか冬のイメージ。


・ボローニャ風牛ラグーと茄子で和えたガルガネッリ
  ボロネーゼ、茄子、ガルガネッリ。抜群の組み合わせ。
  肉のしっかりとした味をお楽しみください。



ご来店お待ちしております。

スポンサーサイト

■9/26からのランチメニュー■
朝晩はグッと冷え込み、秋めいてきましたね。

あまのじゃくなのか、あんなに暑い暑い言っていた夏がなんだか懐かしく思えてきます。


さて、本日9/26からのランチメニューは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチにはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・白身魚とトマトのラグーをブロッコリーと和えたグラニャーノ産リングイネ
  ヒラメ、真鯛などを骨と共にトマトでじっくり煮込みます。
  やっぱり骨からでる旨みは美味しいですね。


・ボローニャ風牛ラグーと茄子で和えたガルガネッリ
  シェフのお母様が自家菜園で育てた茄子が愛情と共に届きました。
  DSC_0163.jpg
  艶良く立派な茄子です。
  相性のよいボロネーゼと共に。


ご来店お待ちしております。


■9/23からのランチメニュー■
急に肌寒くなってきましたね。
本格的な秋の気配です。


さて、本日9/23からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。

・白身魚とトマトのラグーを十金茄子と和えたグラニャーノ産リングイネ

  骨ごと煮込まれた白身魚の旨みを茄子がしっかりと受け止めます!
  茄子が美味しい時期ですね。


・牛タンの赤ワイン風味と南瓜で和えたガルガネッリ
  ほちらも秋らしく南瓜を入れて。
  牛タンもトロトロ柔らかです。


ご来店お待ちしております。



■9/20からのランチメニュー■
雨も降り、急に肌寒くなりましたね。
体調にはお気をつけください。


さて、本日9/20からのランチメニューは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・ズワイガニとブロッコリーを軽いクリームで和えたグラニャーノ産リングイネ
  ちょっと寒くなってきたので、クリームソースもいいですよ。
  ズワイガニとクリームは相性もいいですね。


・牛タンのトマト風味を南瓜と和えたガルガネッリ
  こちらも温まる料理です。
  じっくり煮込まれた牛タンと南瓜をあわせました。


ご来店お待ちしております。


■黒いダイヤ!!!■
IMG_5637.jpg
ついに来ました!!!

海の向こうイタリアより私達の元にやってきました。黒トリュフです!

スタッフ皆で大騒ぎです。
そして写真がまたぶれてしまってすみません。。。


今当店の宝物として扱われています。さすが黒いダイヤと言われるだけあります。


先日、かなり濃厚なカルボナーラにこれでもかっ!というぐらいのせてお出ししたところ
「贅沢でした!」
と喜んでいただきました。

スライスしているそばから漂ってくる香り~。

熟成された良いワインはトリュフの香りがするといいます。
それが意味するのは”最高!”ということです。

やっぱり熟成されたネッビオーロなんかが合うのかな。




■9/18からのランチメニュー■
三連休、いかがお過ごしでしょうか?
今日は天気も良くてお出かけ日和ですね。


さて、本日9/18からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
こちらは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・戻り鰹と茄子で和えたグラニャーノ産リングイネ
  脂が乗ってきましたね。鰹。
  やっぱり茄子との組み合わせは鉄板です。


・自家製サルシッチャ(ソーセージ)とキャベツをトマトソースで和えたガルガネッリ
  トマトソースでさっぱりとするものの、かなりのボリューム感があります。
  皆様おなかをすかせてきてください。


ご来店お待ちしております。

■9/15からのランチメニュー■
あっという間に9月も中旬に。。。
今年は去年にもまして残暑が厳しいような。毎年そう思っているのかも。


さて、本日9/15からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチにはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・ズワイガニとブロッコリー、フレッシュトマトであえたグラニャーノ産リングイネ
   大人気です、ズワイ蟹。
   今回は少しさっぱりとオイルベースでトマトの酸味をきかせて。


・自家製サルシッチャとキャべツをトマトソースで和えたガルガネッリ
   サルシッチャ(自家製ソーセージ)とキャベツの組み合わせは抜群です。
   こちらはトマトソースで絡めて。


ご来店お待ちしております。



■イタリアワインってこういうのがあるから面白い■
まだまだ残暑が厳しいですが、食欲の秋に期待を膨らませ、胃袋はすでに準備万端です。
もちろん秋の食材にあわせてワインも準備万端です。

Dolcetto di Diano d'Alba Costa Flore / Alario Claudio
ドルチェット・ディアーノ・ダルバ・コスタ・フィオーレ/アラリオ・クラウディオ



産地:ピエモンテ州  品種:ドルチェット


ドルチェットといえば赤ワイン銘譲地ピエモンテ州の地品種ですが、同じピエモンテ州のイタリアが誇る偉大なワイン
”バローロ””バルバレスコ”に隠れがち。
ですが、美味しいドルチェトもあるのです!

早熟なドルチェットはネッビオーロの栽培ができない高地などでも栽培される大変貴重な存在です。

名前の由来は様々な説が流れますが、共通するのは”ドルチェ=甘い”からきていること。
ではなぜ甘いのか?

ドルチェットのワインを飲んでも決して甘いと感じるようなワインではありません。

理由としては、食用にされていた時代があり、そのブドウが甘かった説。
同じ産地のネッビオーロは長期熟成させる為、酸味が際立っているが、それに比べると甘い説。などなど。

確かに果実味の味わいがストレートに出て、エレガントな甘みを感じるワインが多いように思います。


もちろん土地によっての味わいの変化もあります。

ドルチェットといえば、起源とされるドリアーニ地区が銘譲地といわれますが、
実は最初にブドウ園として公認されたのはディアーノ・ダルバ地区。

ドリアーニが凝縮感の強いタイプが多いのに対して、ディアーノ・ダルバはエレガントなタイプが多いです。

今回の造り手は実はモダンバローロの教えを受けたアラリオ家。
ですが、彼らが一番最初に手がけたドルチェットのワインだけは大樽で寝かせ、
より自然な凝縮感のある果実味を残しています。

イタリアらしいしみじみとしたワイン。
土着品種の良さがよく出てます。

これからの時期、旬を迎える茸、鉄分の多い会津産馬肉などと合わせて見てはいかがでしょうか?




■9/11からのランチメニュー■
まだまだ残暑が厳しいですね。
お体にはお気をつけてお過ごしください。



さて、本日9/11からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。


・魚介と秋茄子をトマトソースで和えたグラニャーノ産リングイネ
  海老、イカ、白身魚をミンチにしてトマトで煮込みました。
  ソースをよくすってくれる茄子は天才です!


・牛赤ワイン煮と南瓜で和えたガルガネッリ
  じっくり煮込まれた牛肉。
  旨みも濃厚で食べごたえありますね。


ご来店お待ちしております。




■9/8からのランチメニュー■
いい天気ですね。

風が涼しく気持ちがいいです。


さて、本日9/8からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円のコースはサラダ、自家製パンが付きます。
2,000円のコースには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・ズワイ蟹と冬瓜をトマトクリーム風味で和えたグラニャーノ産リングイネ
  ズワイと冬瓜。いいですね。
  トマトクリームなんてなおいい!!


・牛赤ワイン煮と南瓜で和えたガルガネッリ
  じっくり煮込まれた牛肉はほろほろと。
  旨みが濃縮された牛肉を自家製ガルガネッリともにお召し上がりください。


ご来店お待ちしております。


■飲み放題付きパーティープラン■
秋の夜長に気の合う仲間と盛り上がりませんか?


当店の人気料理に加えてイタリアワインが飲み放題!!
すべて大皿料理でのご用意ですので、ぜひ友達誘って来てください。


【パーティープラン

≪前菜≫

・モルタデッラサラミを詰めた地鶏のサラダ仕立て、バルサミコのソース
・彩り温野菜のバーニャカウダソース
・本日の鮮魚を使ったカルパッチョ、サルサヴェルデ


≪パスタ≫

・当店名物の自家製ラザニア
・フェンネル風味のサルシッチャで和えた自家製パッパルデッレ
・ズワイガニとトマトをクリームで和えたグラニャーノ産リングイネ


≪ドリンク≫

・スパークリングワイン
・赤ワイン(モンテプルチャーノ種)
・白ワイン(トレビアーノ種)
・カクテル各種
・ソフトドリンク各種


¥5,500-


※飲み放題は三時間までとさせていただきます。
※上記金額に別途サービス料として10%頂戴します。
※準備等ございますので事前ご予約をお願いいたします。
※仕入の状況により料理の内容を変更させていただく場合がございます。

■9/5からのランチメニュー■
変な天気です。
まだまだ傘が手放せそうにないですね。


さて、本日9/5からのランチメニューは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製パンが付きます。


・海老と冬瓜をトマト風味で和えたグラニャーノ産リングイネ

   海老と冬瓜は意外に相性がいいもの。
   軽いトマト風味でお召し上がりください。


・ボローニャ風牛ラグーと秋茄子をクリームで和えたガルガネッリ
   牛ラグーと茄子も抜群の相性ですね。
   クリームでそろそろ秋を感じされる味わい。


ご来店お待ちしております

■なぜ会津産馬肉にこだわるのか?■
今、会津の土地の食材を使うことはリスキーなのですが、あえて使わなければいけないと思ってのことです。

風評被害により東北地方は大変な苦労にあわれています。
放射性物質に汚染され、長い時間を動物も作物も健全に育むことが難しい地域が出来てしまい、
何より先祖代々その土地と共に生きてきた方々のことを考えると、このように拙い文章で書くことに罪悪感すら覚えます。

私の先祖も福島県の相馬地方に由来してますので、なおいっそう触れないでおこうかと思っていましたが、
風化しないように少しでもかの土地のものを取り入れて、東京から元気を発信しなければいけないのではないでしょうか?

今回ご用意した会津地方の馬肉は、日本食品分析センターにおいて放射性物質の検出の無い、安全が確認されたものです。
何よりも旨み、甘みの強い健全な馬肉ですので、沢山のお客様に会津地方の安全で美味しい食材を食べてもらい、
経済活動を少しでも活性化していただきたく思っていおります。



DSC_0126.jpg
日本食品分析センターによる分析結果書。
すべて検出せず。


DSC_0128.jpg
まずは私たちから。
カルパッチョにしてイチジクと共にいただきました。
こうやってワインと共に美味しく食べられる。
普通のことだけれどもこれが東北の皆様の力になれれば幸いです。

■9月のおすすめ料理■
変な天気です。

台風が来るかと思って用心していると、あれっ?
青空見えてる、、、

それでも驚異的な風は恐ろしいですね。
当店の看板の札が飛ばされました。


さて、もう9月。
そろそろ秋めいてきてもいいのではないでしょうか?

食材はすっかり秋色です。


【Antipasti】
燻製にした秋刀魚と茄子のマリネ、肝のソースで
~Affumicatura di saury e melanzano,salsa fegato~


  新秋刀魚は脂がのってて美味しいです。
  燻製の香りがよく合います。
  この料理のポイントは肝のソース。
  新鮮だからこそ味わえる濃厚な苦味が料理を引き締めてくれます。


【Pasta】
サマーポルチーニ茸で和えたタリアテッレ
~Tagliatelle ai fungo~

  
  すっごくいい香りです。
  伝わらないのが残念。
  DSC_0129.jpg
  慌てて撮ったのでぶれてしまってすみません、、、

【Second】
馬肉のロースト、ザクロのソース
~Arrosto dell cavallo,salsa melagrana~


  当店の名前(Cavallo)にもなっています馬肉です。
  会津産で赤身のきれいな馬肉です。
  カルパッチョでちょっといただきましたが、ねっとり甘く身の締まりもいいです。
  なぜ今会津産の馬肉なのか?
  それは後ほど。


【Dolce】
ゴルゴンゾーラチーズを使ったクレーマ・ブルッチャータ
~Crema brruciata di gorgonzola~

  
  こういう濃厚なデザートが出てくると夏の終わりを感じます。
  クレーマ・ブルッチャータはいわゆるクレームブリュレです。
  表面の香ばしさとゴルゴンゾーラの刺激的な濃厚さ。
  デザートワインが飲みたくなる~!それかブランデーかな。



夏バテで食欲減退していた分、体力付けてください。
ご来店お待ちしております。

■9/2からのランチメニュー■
台風来るんでしょうか?
と思ってしまう天気ですね。

いつ降ってくるか分かりませんので傘はお忘れなく。



さて、本日9/2からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンがつきます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製パンが付きます。

・海老とキタアカリイモをジェノベーゼソースで和えたグラニャーノ産リングイネ
  爽やかなジェノベーゼソースと海老の相性は抜群ですね。
  今年のジェノベーゼはこれで最後かも?!

・軽く燻製にした津軽地鶏と冬瓜で和えたガルガネッリ
  里芋に続き、和のイメージが強い冬瓜が登場。
  ほっとする美味しさです。


ご来店お待ちしております。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。