Ristorante Cavacavallo ◆カバカヴァロ通信◆
神宮前のイタリアンレストラン<カバカヴァロ>より 旬のおススメ料理やワインの情報 シェフのひとりごとなどをお届けします。
プロフィール

カバカヴァロ

Author:カバカヴァロ
東京メトロ「神宮前駅」から徒歩4分
原宿・表参道にも程近いファッションの
街にあるイタリアンレストランです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■二周年■
朝晩の空気が日を追うごとに冷たくなり、街路樹の落葉を踏むとポテトチップスのように小気味良い音を立てる頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、カバカヴァロは十月で二周年を迎えます。
不景気と震災で冷え込む昨今、なんとか店を開けてこれたのも、
ひとえにカバカヴァロを贔屓にしていただいているお客様のおかげであります。

そこで今月は二周年を迎えるにあたり、スペシャルなメニューを提供させていただきたいと考えております。

私の得意とする生うにを使った手打ちパスタや、伊産のトリュフたっぷりのリゾット、
ズワイ蟹と赤チコリのパイ仕立てに、松輪の鯖と無花果のマリネを前菜に。
風味が強い為、鮨屋では敬遠されてしまうという蝦夷鮑のステーキをサフラン風味で。

メインの肉料理は、ジビエ猟解禁を待たずに北海道直送の蝦夷鹿をフライング気味でお出しします。
こちらはゆっくり低温ローストで旨みを閉じ込めて焼き上げて、北イタリア風のジャムの様に果実味の強いソースで
お召し上がりください。

ドルチェもこってりと秋を楽しんでください。
ピエモンテはランゲ地方出身のボネ。
ねっとり濃厚なココアとアマレッティの風味は寒くなる今頃が美味しい。
そして秋といえば栗!!
マロンとバニラの甘ーいセミフレッドをご一緒します。

何分、感謝の気持ちを込めてのコースになりますので、お腹いっぱいが予想されます。
昼食を抜いてのご来店をおすすめします。


【二周年記念コース】

≪Antipasti freddo≫
エストラゴンビネガーで酢〆にした鯖と無花果のマリネ
~Sott'aceto deghi scombro e marinare alla fico~


≪Antipasti caldo≫
ズワイ蟹と赤チコリのパイ仕立て
~Pasiccio nei granchio e cioria~


≪Pasta Ⅰ≫
生うにとフレッシュトマトで和えたタリオリーニ
~Taghiolini ai riccio e pomodoro~


≪Pasta Ⅱ≫
伊産のトリュフを使ったリゾット
~Risotto con tartufo~


≪Pesce≫
蝦夷鮑のソテー、サフラン風味
~Saltare all'aliotide~


≪Carni≫
蝦夷鹿のロースト、果実のソース
~Arrosto del cervo,salsa frutta~


≪Dolce≫
ボネと栗のセミフレッド
~Bonet e semifreddo alle castagna~


≪Caffe e Piccola pasticceria≫
小菓子と共にお好きなお飲み物を


お一人様 ¥6,500-


※仕入の状況によりメニューを変更させていただく場合がございます。
※事前にご予約いただけると大変助かります。


10月末までご用意する予定でいます。
ぜひともご賞味ください。

※十月末までこの記事が先頭にくるようになっています。
その間も随時ブログは更新していきますので、下記をご覧下さい。
スポンサーサイト

■10/30からのランチメニュー■

ちょっと曇り空になってきましたが、朝は気持ちのいい秋晴れでしたね。
風は少し肌寒いものの、日差しは温か。


さて、本日10/30からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。

・真鯛とトマトのラグーをキタアカリイモと和えたグラニャーノ産リングイネ
  骨ごとじっくり煮込まれた真鯛の旨み!
  煮崩れたじゃが芋がまとめてくれます。


・ボローニャ風牛ラグーをきのこと和えたガルガネッリ
  大変好評です
  秋を感じますね。


ご来店お待ちしております

■10/28からのランチメニュー■
朝は少し寒くなってきましたが、綺麗な秋晴れですね。


さて、本日10/28からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチにはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。



・ズワイ蟹と小松菜で和えたグラニャーノ産リングイネ
  ズワイ蟹の旨みたっぷり!
  シャキシャキの小松菜もいいですね。


・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えたガルガネッリ
  こちらは肉の旨みたっぷり!
  きのことの相性も抜群です。


ご来店お待ちしております。


■10/25からのランチメニュー■
暖かないい天気!!
明日からまた寒くなるよう。。。気難しい天気です。


さて、本日10/25からのランチメニューは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチにはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・鰤とブロッコリーで和えたグラニャーノ産リングイネ
   脂乗ってますねー。冬を感じます。
   少しフレッシュトマトを入れてアクセントをつけて。


・大仙鶏と茸をローズマリー風味のトマトソースで和えたガルガネッリ
   ローズマリーと共に香ばしく焼いた大仙鶏をトマトソースで和えました。
   どれも相性抜群の一品。


ご来店お待ちしております。



■パンナコッタお待たせしました■
いつも来ていただいているお客様で
いつもホワイトチョコのパンナコッタを待ち望んでいただいてましたお客様。


お待たせしました。
本日、ご用意できます。


お時間ございましたらぜひご来店ください。

濃厚かつねっとり、ぷるっとした食感はやみつきですよね。

■10/23からのランチメニュー■
すっきりとしない不安定なお天気ですね。
時折差す日差しが暖かです。


さて、本日10/23からのランチメニューは下記の二種類より選んでいただきます。

・鰤とブロッコリーで和えたグラニャーノ産リングイネ
  出てきました鰤!
  もう早くも冬を感じさせます。
  ブロッコリーと共にシンプルに和えました。


・ボローニャ風牛ラグーと秋茄子で和えたガルガネッリ
  定番だけれども美味しいといっていただけると嬉しいです。
  肉の旨みたっぷりをお召し上がりください。


ご来店お待ちしております。



■10/21からのランチメニュー■
今日は夜から雨のようですね。
傘をお忘れなく。


さて、本日10/21からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチはサラダ、自家製パンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製パンが付きます。


・真鯛とトマトのラグーを男爵芋で和えたグラニャーノ産リングイネ
  トマトと共にじっくり煮込まれた真鯛。
  魚介とトマトの旨みが凝縮されたソース。


・ボローニャ風牛ラグーと秋茄子で和えたガルガネッリ
  定番ボロネーゼとシェフのご実家より届いた茄子を合わせました。
  古典的ながら肉の旨みと茄子の相性は抜群ですね。


ご来店お待ちしております。

■とても良いコンディションの蝦夷鹿■
待ちに待った蝦夷鹿が到着。
狩の仕方も抜群で、非常によい状態の鹿肉です。

今回はその蝦夷鹿に合わせて飲んでいただきたい赤ワインのご紹介です。

ラグレイン・リゼルヴァ / サン・ミケーレ・アッピアーノ
Lagrein Riserva / St.Michael Eppan

産地:トレンティーノ・アルトアディジェ州
品種:ラグレイン


鹿といえばトレンティーノ・アルトアディジェの名物料理。
冬場はスキーのメッカになる程寒いこの地区は、元々はドイツ領だった影響もあり、
料理もドイツやオーストラリアの文化が多く感じられます。

ローストした鹿肉にも甘酸っぱいジャムのようなソースを使うのがこの土地らならでは。
そして合わせるワインもこの地方でしか造られないラグレイン種を使ったものが定番です。

濃い紫色で向こうが見えないのではないかと思うぐらいしっかりとした色調。
花のような可愛らしい香りの中に隠されたスパイシーな香り。
凝縮された果実味が口いっぱいに広がったと思ったら重量感のある渋みが余韻に残る。

他のワインではなかなか見られないラグレインならではの味わいが、
鉄分の多い鹿肉、ワインには合わせにくいとされる甘酸っぱいソースとも良く合うのです。

今回の生産者”サンミケーレ・アッピアーノ”はアルトアディジェ地区にある協同組合です。
2000年にはイタリアワインガイドでワイン・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、実力は確固たるものです。
この地区は白ワインの銘譲地として名高いのですが、これからの時期、鹿肉をはじめ狩猟肉などと共に、
ここでしかない赤ワインを味わってみてはいかがでしょうか?



■10/15からのランチメニュー■
今日はあにくの雨模様。。。
降ったりやんだりとすっきりしませんね。

そんな中でもご来店いただく皆様、ありがとうございます。


さて、本日のランチメニューは下記の二種類よりお選びいただきます。
こちらに前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・ズワイ蟹とブロッコリー、フレッシュトマトで和えたグラニャーノ産リングイネ
  蟹の旨みたっぷりです!!
  染み込んだブロッコリーが最高に美味しいです。


・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えたガルガネッリ
  定番ボロネーゼに旬の茸を合わせて。
  


ご来店お待ちしております。


■10/13からのランチメニュー■
少し曇り空も秋だとなぜか許せてしまう気がします。



さて、本日10/13からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製パンが付きます。


・海老とブロッコリーをフレッシュトマトと和えたグラニャーノ産リングイネ

  プリップリの海老とクタクタに茹でたブロッコリー。
  どちらも甘みが出て美味しいです!


・フェンネル風味のサルシッチャと男爵芋をトマトソースで和えたガルガネッリ
  爽やかな香りのフェンネルをきかせた自家製ソーセージ。
  相性の良い男爵芋と共に酸味のきいたトマトソースで和えました。


ご来店お待ちしております

■やっぱり美味しい■
001_convert_20111011204017.jpg


使いたくてもなかなか使えなかった蝦夷鮑。

今回の二周年記念メニューに満を持して使っちゃいます。

やっぱり美味しい!!!


魚介の出汁にサフランをきかせた濃厚ソースに、バターでソテーした鮑と食感の対極な里芋を一皿に。

白ワインで合わせたらと思いきや、昨日は赤ワインと共にいただきました。
南イタリア、プーリア州の海沿いで造られるプリミティーボ種のワイン。

香りに昆布のようなヨード香があり、鮑の磯の香り、バターのコクなどを綺麗に包んでくれます。

こういう発見は面白いものがあります。


魚だから白、お肉だから赤という概念にとらわれずに一度お試しになってみてください。
意外な発見で鮑もワインもさらに美味しくなりますよ。


■10/7からのランチメニュー■
秋晴れが続きますね。
空気が乾燥してますので、風邪等お気をつけ下さい。


さて、本日10/7からのランチは下記の二種類からお選びください。
1,000円コースはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円コースは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・青森産鯖と男爵芋で和えたグラニャーノ産リングイネ
  脂が乗っていて美味しいです。
  フレッシュトマトを少し入れてアクセントに。


・ボローニャ風牛ラグーと茸を和えたガルガネッリ
  定番ですね。
  季節の茸をじっくり炒めて香りを出しました。


ご来店お待ちしております。


■10/6からのランチメニュー■
昨日の雨が嘘のような秋晴れのいい天気です。

今日は暖かで気持ちがいいですね。



さて、本日10/6からのランチメニューは下記の二種類からお選びいただきます。
1,000円コースにはサラダ、自家製パンが付きます。
2,000円コースには前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンがつきます。


・青森産鯖とじゃが芋をフレッシュトマトで和えたグラニャーノ産リングイネ
  今朝届きました旬の鯖を贅沢に使ったパスタです。
  鯖とじゃが芋は相性良いです。


・自家製フェンネル風味のソーセージと茸をトマトソースで和えたガルガネッリ

  お肉がギュッと詰まったソーセージをトマトで煮込みました。
  旬のきのこと共のお召し上がりください。


ご来店お待ちしております。


■到着しました”蝦夷鹿”■
早々と到着しました。

蝦夷鹿です。

20101014181307.jpg

徐々に出てくるジビエの先頭をきっての登場です。

ジビエほど野性味が強くない蝦夷鹿はとても食べやすいです

今回は仕留めも完璧で、柔らかな身質と赤身の旨みが楽しめます。

肉質は火入れではどうにもなりませんからね。仕留める方の技術そのものです。
いい食材だからこそ、美味しい状態で出せるようにするのが料理人の技術です。

火を入れすぎず、低温でじっくりと。

002+(6)_convert_20111004004757.jpg

果実を使ったソースでお召し上がりください。


■10/3からのランチメニュー■
10月に入り、グッと寒くなりましたね。

早くも衣替えをしなければと焦ります。



さて、本日10/3からのランチメニューは下記の二種類よりお選びください。
1,000円ランチはサラダ、自家製パンがつきます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製パンが付きます。



・ズワイ蟹とブロッコリーをフレッシュトマトで和えたグラニャーノ産リングイネ
   ブロッコリーって意外にいろんな食材と相性がいいですね。
   蟹の旨みたっぷりのパスタです。


・フェンネル風味のソーセージとトマトのラグーを秋茄子と和えたガルガネッリ
   爽やかな香りのフェンネルをきかせた自家製のソーセージをトマトでじっくり煮込みました。
   お肉のしっかりとした味わいとトマトの酸味をお楽しみください。


ご来店お待ちしております。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。