Ristorante Cavacavallo ◆カバカヴァロ通信◆
神宮前のイタリアンレストラン<カバカヴァロ>より 旬のおススメ料理やワインの情報 シェフのひとりごとなどをお届けします。
プロフィール

カバカヴァロ

Author:カバカヴァロ
東京メトロ「神宮前駅」から徒歩4分
原宿・表参道にも程近いファッションの
街にあるイタリアンレストランです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■第11回ワイン会、開催いたしました■
GWも前半が終了。
とってもいい天気でお出かけ日よりでしたね。

さて、そんなGW真っ只中に開催されました第11回ワイン会。多くのお客様にご来店頂き無事に終えることができました。
ありがとうございます!!


今回は州都ミラノのロンバルディア州でご用意いたしました。
ご存知ミラノ風〜などをいれた数々のお料理、その地域ならではのワインを堪能していただきました。
お写真だけですが、雰囲気お伝えできれば最高です!!


DSC05517_convert_20130429203524.jpg
【前菜】
左から
・桜鱒の燻製  〜Salmone affumicato〜
・仔牛の小さなカツレツ  〜Cotoletta di vitello alla Milanese〜
・シャットゥ  〜Sciatt〜


  海に面していたないため、基本的には川魚をよく食べます。今回は今が美味しい桜鱒を軽い燻製にして。
  ミラノ風カツレツはあまりにも有名です。ミラノで食べると顔以上あるサイズが出てきますが、今回は前菜なのでこぶりなサイズで。でも中にはモッツァレラ入りです。
  シャットゥとはそば粉のフリット。作物が育てにくい環境だからこそ、そばがよく育つ。ほろ苦さとアクセントに入れたグラッパがほんのり香ってなんとも不思議なお味。



DSC05520_convert_20130429203555.jpg
【パスタ】
・ トルテッリ・ディ・ズッカ  〜Tortelli di zucca〜
  単純に言えば”カボチャのペーストを入れたラビオリ”なのですが、味は全然単純ではありません!!
シナモン風味のアマレッティを入れる為、甘みがあるんです。シナモンの優しい香りと甘じょっぱい味はこの地方特有です。
一口一口に面白い発見があるパスタです。



DSC05534_convert_20130429205004.jpg
【メイン】
・ オッソブーコ  〜Ossobuco〜
  牛のすね肉をぶつ切りにして煮込んだ伝統的お料理。
ホロホロと骨から外れる肉にたっぷり煮汁を絡ませてお召し上がりください。
余った煮汁はもちろん、サフラン香るミラノ風リゾットと一緒に。お腹いっぱいになってしまうのは承知の上で、これは絶対に添えたかった!!
すね肉+ミラノ風リゾット=オッソブーコです。
あ、ちゃんと骨随の中も召し上がってくださいね。ゼラチン質でこれまた美味しいのです。





DSC05537_convert_20130429205323.jpg
【ドルチェ】
・ ズブリストローナ  〜Subulistolona〜
  北イタリアでよく食べられるトウモロコシの粉”ポレンタ”を入れたトルタです。
ツブツブとした食感がこのお菓子の醍醐味。濃厚なマスカルポーネチーズのジェラートと共に。



DSC05526_convert_20130429205051.jpg
【小菓子】
・ トルタ・ディ・タリアテッレ・マントヴァ  〜Torta di tagliatell alla Mantova〜
・ トローネ  〜Torrone〜

  タリアテッレのパスタを使ったタルトです。エミリアロマーニャにもありますが、こちらの方が素朴なレシピでアーモンドとバターの香るシンプルなお菓子です。お菓子にまでしてしまうなんてどれだけパスタが好きなのでしょうか...
  クレモナが名産のトローネはナッツとオレンジピール入り。今回はこれに大分苦戦しました。柔かすぎたり、固すぎたり...トローネ職人は素晴らしい!!




DSC05511_convert_20130429203425.jpg
【パン】
・ ミケッタ   〜Micetta〜
 ローマの方ではロゼッタ。バラ型にしたパンです。
大きく膨らんで中が空洞になります。厚みのある皮も特徴的ですね。




1367197696127_convert_20130429205352.jpg
【ワイン】
左より

・ ロザマーラ / コスタリパ  〜Rosamara 2010 / Costaripa〜
  ラクリマ製法で造られたロザート。色合いは淡くともしっかりとブドウの旨みは溶け出してます。


・ ピノ・ネロ / カ・ディ・フラーラ   〜Pinot Nero 2010 / Ca'di Frara〜
  フランスのピノ・ノワールを連想しがちですが、この地域のピノ・ネロはまったく別物。日照量が少ないので青臭みが出やすいピノ・ネロが多い中、このワインはしっかり完熟した果実味が味わえます。それでいてチャーミングな酸味も合わせ持つ優秀なピノ・ネロです。


・ ”マゼール”インフェルノ・ヴァルテリーナ・スーペリオーレ / ニーノ・ネグリ   〜"Mazer" inferno Valtelina superiore 2008 / Nino Negri〜
  ネッビオーロの亜種とされるキアヴェンナスカ。繊細なネッビオーロは所変わればやっぱり雰囲気が変わります。骨格のしっかりした感じはさすが、でもネッビオーロに比べるとどこか親しみやすい可愛らしさがありますね。
この品種のポテンシャルを感じさせてくれる造り手も素晴らしい!



・ パッショーネ・ロッサ / フランコ・ペッレグリーニ   〜Passione Rossa NV / Franco Pellegrini〜
  デザートワイン、というか食後酒でしょうか。今回は趣向を変えて赤ワインに20種以上の薬草を漬け込んだ”アロマタイズドワイン”でご用意しました。薬草のビターな風味は胃を活性化させ、たっぷりの食事を消化させる働きもあるのだとか。
  ドルチェの後にゆっくり楽しんでいいですね。意外や意外、マスカルポーネチーズのアイスと好相性でしたよ。




あんなに豪語していたフランチャコルタは何処へやら、全て赤葡萄となりました...
まぁお料理もしっかりしていたので、と言い訳してみたり。

赤ブドウでもそれぞれ違った味わいが楽しめたかと思います。


次回も頑張りますので、よろしくお願いいます!!!

スポンサーサイト

■4/29からのランチパスタ■
GW、今年はいい天気ですね。


さて、本日のランチパスタは下記の三種類よりお選び頂けます。
本日は祝日のため、2,000円コースからのご用意となっています。


・桜えびとトマトのラグーで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
  ついにランチに登場!!
  今がシーズンですね。



・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  こちらは定番ですね。



・春野菜とゴルゴンゾーラチーズのリゾット
  春野菜の苦味がアクセントに。



数量限定ですが、ミルフィーユラザニアもご用意しております。

ご来店お待ちしております。


■4/26からのランチパスタ■
汗ばむぐらいのいい天気ですね。
でも夕方からは雨だそうで、、、わからないですね。



さて、本日4/26からのランチパスタは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・真鯛とトマトのラグーをブロッコリーと和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円パスタはスパゲッティでご用意です。

人気のパスタです。
魚介の旨みがたっぷり。



・ボローニャ風牛ラグーと茸であえた手打ちパスタ”ガルガネッリ”

こちらも人気です。
茸はやっぱりあいますねー



2,000円ランチではラザニアもお選び頂けます。
今日は下記のラザニアもご用意!!
・ズワイ蟹とクリームのミルフィーユラザニア
15層に重ねたミルフィーユラザニア。ズワイのクリーミーな味わいで。


ご来店お待ちしております。


■4/22からのランチメニュー■
昨日がうそのようないい天気ですね~


さて、本日4/22からのランチパスタは下記の二種類からお選びください。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・カジキ鮪とケッパー、オリーブをブロッコリーであえた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円パスタはスパゲッティでご用意です。
  今日の季節にピッタリ!
  


・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  こちらは定番、肉の旨みたっぷりです。



2,000円ランチはミルフィーユラザニアもお選び頂けます。
・ズワイガニのミルフィーユラザニア


ご来店お待ちしております。



■第11回ワイン会開催■
春が来たなぁと思ったらまた寒くなったり、暖かくなったり。
なんだか分からない天気が続いてますね。

さてさて、ご案内が遅くなってしまいましたが、ワイン会が決まりましたんのでご案内させてください。
今回は州都ミラノのロンバルディア州です。
最新の街ミラノというだけあって、お料理も各地方のものが色々とあります。
もちろんそれらも取り入れつつ構想を練っております。好ご期待下さい!!

≪第11回ロンアバルディア州ワイン会≫

・日時  4月28日(日)
     11:30〜14:30
     18:00〜22:30
    ※上記時間内でご都合の良いお時間にご予約ください。

・料理とワイン
     前菜、パスタ、メイン、ドルチェに合わせてワイン3種とデザートワイン1種。

・金額
     ワイン付コース  …  ¥7,800-
     ワイン多めコース …  ¥10,200-
     ワイン少なめコース … ¥6,300-
     料理のみコース  …  ¥3,900-


皆様のご参加お待ちしております。



■エレガントなビオワイン■
時折汗ばむ日があるぐらい暖かくなってきましたね。
春野菜も大分出揃い、そろそろ初夏の食材が顔を覗かせております。

そんなこんなでそろそろ白ワインが飲みたくなってきますが、スッキリ白ワインは真夏まで取っておくとしまして、
今回は奥深ーい白ワインのご案内です。

ビアンコ・デッラ・カステラーダ / ラ・カステラーダ
〜Bianco della Castellada 05 / La Castellada〜

品種:シャルドネ、ソーヴィニョン、フリウラーノ
産地:フリウリ州

フリウリ州ゴリッツィア丘陵地帯の最北端オスラヴィアに位置する造り手です。
この場所は知る人ぞ知る白ワインの名醸地。なぜならばビオワインのメッカなのです。

周りにはアンフォラ(古代ヨーロッパで使われていたとされる壷)での醸造を試み、いわゆるビオワインの先駆者ヨスコ・グラブナー、そして野性味あるれるワインを造りだし、常に人々を驚かせるラディコン等々、個性的な造り手がひしめいています。

もちろん、今回ご紹介するラ・カステラーダもその一人。
自然、土地、伝統に最大限に敬意を払い、自然環境や生態系に影響を及ぼさないよう有機栽培でブドウを育て、
醸造もなるべく人の手を加えないよう温度管理はしません。

70年代に行われていた開放樽で皮と共に醸し発酵、もちろん酵母は野生酵母です。

ただ、前者二人と違うのは、とってもエレガントだということ。

醸造方法だけ聞いているとTHEビオワインと言った様子で、ビオワインを飲み慣れていないとちょっと違和感がありそうですが、カステラーダのワインは良い意味でその違和感がないです。

でも旨みの凝縮感はたっぷり。
ビオワインが苦手と言わず是非とも楽しんでいただきたいワインです。




■4/12からのランチパスタ■
今日もいい天気です。

朝から築地に出向き、なんだかテンション上がってます!!
今日も頑張りますよー



さて、本日4/12からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。



・カジキ鮪とブロッコリーをトマトソースで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円らんちではスパゲッティでご用意します。

  脂ののったカジキマグロもさっぱりと。


・仔牛と筍で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  こちらも脂ののった仔牛です。


2,000円のコースではリゾットもお選び頂けます。
・春野菜とゴルゴンゾーラのリゾット
  苦味がアクセントの春野菜をゴルゴンゾーラと共に。



ご来店お待ちしております


■贅沢ですよね、タラバ蟹■
北海道最北端の稚内港からオホーツク海の流氷が去り、
海が開ける4月頃タラバ蟹の甘味は強くなります。

一般にオスの方が美味とされていますが、この頃卵を抱きかかえるメスも栄養と愛情イッパイのその卵が重宝されます。

足が4対しかみられず生態的にカニよりもヤドカリの仲間で所轄カニ歩きではなく縦歩きをします。
およそ15年ほどの寿命と言われ、成体で足を広げると1mを超える大きさになります。


高タンパク、低脂肪、低コレステロールといったダイエットにうってつけの文言で、美容や健康にアンテナの高い女性に刺さる事請け合いなタラバ蟹の有効成分であるアスタキサンチンは活性酸素を阻止して、アンチエイジングに効果があり、がん予防や動脈硬化予防にもつながります。
また、必須アミノ酸の一種であるタウリンを多く含み、肝機能の働きを高めて中性脂肪を排出しやすくします。
その他にも亜鉛や銅などのミネラルを多く含み栄養満点ですが、痛風の原因であるプリン体も多く、アレルギーも出やすい食材ですので食べすぎには注意が必要です。

とはいえ、日本人のおよそ9割はカニ好きという統計を見たことがあります。
蟹座の私も大好きなこの食材を春の綺麗な緑色の野菜と合せ、少しだけミルキーにバターの香りをまとわせての手打ちパスタなんて美味しそうだと思いませんか?


■4/11からのランチパスタ■
少し肌寒いですが、今日もいい天気ですね。
気持ちいい!!


さて、本日4/11からのランチパスタは下記の二種類よりお選びいただきます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。


・カジキマグロとブロッコリーで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”

※1,000円ランチではスパゲッティでご用意です。
  ひと足早く夏を感じます。


・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  定番の安定した味を。


2,000円のコースでは下記のラザニアもお選び頂けます。
・ズワイ蟹のラザニア



ご来店お待ちしております。


■4月のおすすめ料理■
春の豪雨がきたり、かと思いきや汗ばむぐらいの陽気だったりと。
この時期は特に不安定なのでしょうか。


さて、そろそろ夏の気配も感じますが、まだまだ春を楽しんでください。
春食材出揃いましたー!!


今月のおすすめ料理です。ぜひ足を運んでみてください

【Antipasti】

青森鰺ヶ沢産ヤリイカの詰め物
〜Calamari ripieni〜

  烏賊のゲソ、内蔵などとハーブをミンチにして詰めました。
  柑橘の香りと烏賊のネットリとした食味、すごくバランスのとれたひと品に。


【Pasta】

タラバ蟹と春野菜のタリオリーニ
〜Tagliolini dai granchio e verdura〜

  この時期美味しいタラバ蟹と彩り鮮やかな春野菜。
  間違いない!!



【Second】
赤牛のタリアータ、バルサミコ酢とパルミジャーノ
〜Tagliata di manzo con barsamico e parmigiano〜

  暖かくなってきたこのごろ、ちょっとさっぱりサラダ仕立てが食欲そそります。
  赤身の美味しい赤牛がまた美味しいのです。


【Dolce】

柑橘類とカンパリのゼリー寄せ
〜Gelatina alla campari con arancia〜

  イメージはカンパリオレンジで。
  食後にさっぱりと。


ご来店お待ちしております。


■4/6からのランチパスタ■
今日は夜から雨のようですね。
すでに今から降り出しそうな空です。

それでも本日、満席をいただいております。
ありがとうございます。
お越し下さる皆様、お気を付けてお越しください。

さて、本日のランチパスタは下記の二種類よりお選びいただきます。
本日は2,000円からのコースのご用意となっております。


・ホタルイカと春キャベツで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
  初ホタルイカです!!
  春キャベツの甘味と共にどうぞ。


・ボローニャ風牛ラグーと色々な茸で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  いつでも美味しいボロネーゼ。


・春野菜とゴルゴンゾーラチーズで和えたリゾット
  苦味のある春野菜、春の息吹を感じます。



お待ちしております。



■4/1からのランチパスタ■
4月スタート、いい天気ですね。

さて、本日4/1からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンがつきます。
2,000円ランチは前菜、ドルチェ、カフェ、自家製のパンが付きます。



・魚介とトマトのラグーを春キャベツで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”※1,000円ランチはスパゲッティでご用意してます。
  ミンチにした魚介類をトマトでじっくり煮込みました。旨みでてますよ~


・ボローニャ風牛ラグーと茸で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
  こちらは肉の旨み。茸の旨みで相乗効果。


2,000円コースではリゾットもお選び頂けます。
・春野菜とゴルゴンゾーラチーズで和えたリゾット
  春野菜の苦味とゴルゴンゾーラがよく合います!!


ご来店お待ちしております。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。