Ristorante Cavacavallo ◆カバカヴァロ通信◆
神宮前のイタリアンレストラン<カバカヴァロ>より 旬のおススメ料理やワインの情報 シェフのひとりごとなどをお届けします。
プロフィール

カバカヴァロ

Author:カバカヴァロ
東京メトロ「神宮前駅」から徒歩4分
原宿・表参道にも程近いファッションの
街にあるイタリアンレストランです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■2/28からのランチパスタ■
さて、本日2/28からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは、前菜、ドルチェ盛り合わせ、カフェ、自家製のパンが付きます。


ズワイ蟹とブロッコリーを軽いクリームで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円ランチではスパゲッティでご用意です。




仔羊とトマトのラグーをパプリカと和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
※1,000円ランチではペンネでご用意です。


2,000円コースではミルフィーユラザニアもご用意できます

スポンサーサイト

■2/24からのランチパスタ■
さて、本日2/24からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは、前菜、ドルチェ盛り合わせ、カフェ、自家製のパンが付きます。


サーモンと三種茸で和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円ランチではスパゲッティでご用意です。




仔牛とマッシュルームのラグーをブロッコリーと和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
※1,000円ランチではペンネでご用意です。


2,000円コースではミルフィーユラザニアもご用意できます


■2/20からのランチパスタ■
さて、本日2/20からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは、前菜、ドルチェ盛り合わせ、カフェ、自家製のパンが付きます。


真鯛とトマトのラグーをキタアカリ芋と和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円ランチではスパゲッティでご用意です。




仔牛とマッシュルームのラグーを菜の花と和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
※1,000円ランチではペンネでご用意です。


2,000円コースではミルフィーユラザニアもご用意できます


■第19回ワイン会開催~最終章~■
先週に引き続き、今週も大雪!!

東京が東京ではないような風景でした......


雪が降ると大変なことも様々でてきますが、当店からの借景はこれ以上ないぐらいに素晴らしいものになります。
苦労して来ていただくだけの価値はあるかと。

猛吹雪の中ご来店頂きました皆様、本当にありがとうございました。



さて、本題ですが、ワイン会のご案内です。

実は今回が最終章!!!
(モリーゼとアブルッツォは同時開催したため19回で20州回りました)

約2年掛りでめぐってまいりましたが、一旦この回で区切りとなります。

思い起こせば色んなことをやったなぁ~、と終わる前から充実感に浸ってますが、最後の最後まできっちりやりますので
皆様のご参加お待ちしております。


最後に残しておいた州は【バジリカータ州】
...残しておいたというよりは手が付けるのが怖くて残ってしまったような。

でも!最後ですからもちろん頑張りますよ!
ご期待下さいませ。


<日時>
3月2日(日)  11:30~14:30、18:00~22:30
  ※上記時間内でお好きな時間にご予約ください


<料理とワイン>
前菜、パスタ、メイン、ドルチェに合わせてワイン3種類とデザートワイン1種類


<金額>
ワイン付コース  ¥7,800
ワイン多めコース ¥10,200
ワイン少なめコース¥6,300
料理のみコース  ¥3,900



ご参加お待ちしております!!


■2/14からのランチパスタ■
生憎の空模様ですが、温かなお料理ご用意してお待ちしております。

今日は雪の予報でしたので、急遽ペンネグラタンをご用意します!!ぜひ温まってください。

そのほかのパスタ下記のとおりです。


さて、本日2/14からのランチパスタは下記の二種類よりお選び頂けます。
1,000円ランチはサラダ、自家製のパンが付きます。
2,000円ランチは、前菜、ドルチェ盛り合わせ、カフェ、自家製のパンが付きます。


自家製のスモークサーモンとブロッコリーを軽いクリームで和えた手打ちパスタ”タリオリーニ”
※1,000円ランチではスパゲッティでご用意です。




・仔羊とパプリカのトマト煮で和えた手打ちパスタ”ガルガネッリ”
※1,000円ランチではペンネでご用意です。


2,000円コースではミルフィーユラザニアもご用意できます


■もうすぐ謝肉祭■
謝肉祭は、カトリック世界においてキリストが一度死んでその後蘇った事を祝う復活祭(イースター)と密接な関係があります。

有名なベネチアのカーニバルではマシュケラを被り中世の衣装に身を包んだ紳士淑女がオペラの様な世界観の街並みを練り歩く様が有名ですが、18世紀の彼の地において人々は食欲だけに限らず翌日から始まる禁欲の日々に向けて全ての欲望を吐き出してしまおうと晩餐会が開かれ、素性を知られぬよう仮面による変装をして一夜の火遊びを楽しみました。

謝肉祭ではどんな冗談も通じるなどという諺さえ生まれたほどです。


それ程までにカーニバルを狂喜乱舞できるのはラテン民族ならでは、ましてやカトリックの総本山バチカンを有する国民性だからこそ、後の厳しい戒律までの現在を謳歌するのでしょう。

カーニバルの頃よく食べるのは仔羊とラザニア(当店のスペシャル?)それとキアッケレという揚げ菓子。

粗食期間前に重い食事をたっぷり楽しむようです。

肉に感謝するお祭ですから食べてください肉料理!!

仔羊肉なんてバリエーション仕立てにしちゃいますよ。


最もその後の節制は各々の自己判断にてお願いたします......
IMG_4131.jpg


■今月のおすすめ料理■
立春といえども、寒さが身にしみますね。
今週末はさらに寒くなるとか......
春はいつ来ることやら。


それでも食材は順調に春を告げております。
暖かくなるのももう少し!!それまでは春野菜を食べて、しばしお凌ぎくださいませ。



【Antipasti】

徳島産真蛸とプンタレッラのアンチョビ風味サラダ
~Insalata dell'acciuga de polpo e puntarerra~

今が美味しい蛸と、イタリアのローマより届きましたプンタレッラをアンチョビ風味のサラダにしました。
ほろ苦く甘みのあるプンタレッラには塩気のあるアンチョビが黄金コンビ




【Pasta】
春野菜と蛤で和えたリゾット
~Risotto di vongole e vedure primavelli~

春を先取りなひと品。
緑の綺麗なリゾットに、大ぶりのプリッとした蛤を乗せて。



【Second】
仔羊背肉のローストと自家製サルシッチャ、粒マスタードとフォンのソース
~Arrosto di agnello e salsicci, salsa do grano di senape~

春は仔羊の季節!
部位の違うところを二種類の仕立てでお楽しみください。



【Dolce】
フォンダンショコラ
~Torta al sioccolato~

バレンタインも近し!
熱々のフォンダンショコラをアツアツなお二人に。





まだまだ寒いですが、温かなおもてなしの心で皆様のご来店をお待ちしております。



■18回ワイン会開催■
昨日、無事開催しましたー!!

ご来店の皆様、ありがとうございます。


思いのほか、暖かい日でしたがこういう寒い地方のお料理はほっこりとしていいですね。
ワインも滋味深く、私自身もヴァレダオスタの素晴らしさを発見することができました。



IMG_20140203_171908.jpg
【前菜】
自家製の鹿肉生ハム(モチェッタ)
豚の血に見立てたサルシッチャ

乾燥する寒い地方だから、その気候を利用して作られるモッチェッタという生ハムを作ってみました。
ヴァレダオスタとはいきませんが、乾燥したいい風が吹いて良かった!!しっかりと凝縮感あるモチェッタが出来上がりました。

赤い色のソーセージ。古典的な造りでは豚の血を入れるのですが、近年衛生面など様々な理由から豚の血はイタリアでも流通が減少傾向にあるとか。それでも文化を大事にするイタリア人ですねぇ。ビーツを入れて赤い色を出し、伝統料理を守り抜いています。ベースはじゃが芋ですので、見た目以上に食べやすいですよ。





IMG_20140203_171655.jpg
【パスタ】
フォンティーナチーズのニョッキ
ヴァレダオスタといえば、フォンティーナチーズでしょ!!
何にでもかけてしまいそうですが、このナッティーな味わいはやみつきです。





IMG_20140203_171800.jpg
【メイン】
アオスタ風カツレツ

ダイナミックなカツレツ!!
なんと中にはフォンティーナチーズ入り~~~
美味しいに決まってます!!!





IMG_20140203_171613.jpg
【ドルチェ】
米粉を使ったトルタ

米を入れたプティングを少しアレンジしてみました。
米の代わりに米粉を使いトルタに。
舌触りはなめらかに、もっちりとした食感は米粉ならでは。





IMG_20140203_171455.jpg
【小菓子】
テーゴレと胡桃のバーチ・ディ・ヌス

イタリア版瓦せんべいのテーゴレ。いくらでも食べれそう。

名産の胡桃を使ったバーチ。



【パン】
ミラコーラ

写真撮り忘れましたが、ライ麦とレーズンを使ったパンをご用意しました。
ライ麦の噛み締める旨さとレーズンの甘酸っぱさがいいですね。
チーズなんかを合わせても良さそう。例えばフォンティーナとか!!




DSC_0228.jpg
【ワイン】

左よリ

◎ ブラン・ド・モルジェ / カーヴ・デュ・ヴァン・ブラン・ド・モルジェ  ~ Blanc de Morgex et de la salle 2012 / Cave du vin Blanc de Morgex ~

寒いこの地方、酸度がしっかりあるのが特徴。
ただ、柑橘のしっかりとした果実感もあり飲み口綺麗なワインでした。



◎ フミン / カーブ・ド・オンズ・コムーネ   ~ Fumin 2011 / Cave des onze communes ~

軽やかで可愛らしいフミン。すみれのようなチャーミングな香りの奥にはしっかりとした渋みもありで、とっても面白いワインです。



◎ ナポレオン / ドナス  ~ Napoleon 2007 / Donnas ~

ナポレオンが山超えてやってきた土地がこのアオスタ。それにちなんで付けられたとか。
品種はネッビオーロ。ピエモンテで有名な品種ですが、この地栽培されるとエレガントでミネラル感がより出てます。
色合いはガーネット色になっておりいい熟成といい香り!




◎ ジャルジー / ラトエヨ  ~ Jalousie / L'atoueyo ~

モスカートを陰干しして造られたデザートワイン。
華やかな香りはもちろん、やっぱり際立っていたのはその酸味。すっごく甘酸っぱくて大人気でした。




と、またボリューム満点な内容でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?
まぁ、この地方はチーズやらじゃが芋やらでどうしても重たくてってしまうのですが......

ご参加いただいた皆様ありがとうございます。
次回開催は3月上旬を予定しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。