Ristorante Cavacavallo ◆カバカヴァロ通信◆
神宮前のイタリアンレストラン<カバカヴァロ>より 旬のおススメ料理やワインの情報 シェフのひとりごとなどをお届けします。
プロフィール

カバカヴァロ

Author:カバカヴァロ
東京メトロ「神宮前駅」から徒歩4分
原宿・表参道にも程近いファッションの
街にあるイタリアンレストランです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■こんな白ワイン、飲みたーい!!■
日差しが強くなってきましたね。いよいよ夏本番です。

照りつける太陽を見ていると、思い描くは地中海の青と雲ひとつ無い空!
そこで飲むのはこのワインしかないでしょ。


チンクエ・テッレ / カンティーナ・チンクエ・テッレ
Cinque terre / Cantina Cinque Terre


品種:ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ
産地:リグーリア州チンクエ・テッレ


南フランスから海岸沿いにつながっているリグーリア州。
首都ジェノヴァで有名なこの地はまさに貿易港としてヴェネチアに並ぶ発展を遂げた港町。

そのジェノヴァから東に位置するチンクエテッレは、世界文化遺産となる程の風光明媚な街です。

直訳すると”五つの地”というだけあって、岸壁の切り立った五つの地があります。
今でこそ観光地となっていますが、その昔は要塞都市として生まれ、交通手段も船で行くしかなかったようです。

それぞれ孤立し、断崖を見る限りではブドウを栽培するなど考えられないような土地です。
そんな土地で先人達はどうやって畑を造ったのでしょう?

岩壁を砕き砂状にし、そこにブドウを植えたのです。

急斜面な所に植えられる為、トラクター等は入れられず、全て手作業で収穫しなければなりません。
その労働力は計り知れないものです。
そこまでして栽培するには訳があります。

粘土質や石灰などを含まないこの土壌は実はヴィニフェラ種を栽培するには不向きです。
ただ、地品種のボスコはほんとにフルーティで果実味がよく出ます。
他の地では青臭くなってしまいます。
ここでしかない味があるのです。


近年では醸造設備なども整い、さらにクオリティが上がり注目を集めています。
また、共同組合からなる今回の造り手はリグーリア州を代表するワインに選ばれるほどの実力。

眩しい日差しの中、キリッと冷やしてお待ちしております。



スポンサーサイト


コメント
5秒でできる
357cLrr8
マジでヤれる5秒前

マジヤリSNS
http://7UN3H72D.faithbook-lite.com/7UN3H72D/
[2012/07/16 00:36] URL | 5セック #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://cavacavallo.blog122.fc2.com/tb.php/409-8f1086fa



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。